会社設立をして上手く舵取りをする極意がココに集結

レディ

スクールで学んで準備

珈琲

カフェを開業するために必要なのは資金だけではなく、商売に関する知識も必要です。フランチャイズを利用して知識を得る方法もありますが、開業のためにスクールに通うのもいいでしょう。スクールではインターンシップを活用することで、カフェで働いてお金を貯めながら、開業のための知識が学べます。

詳しくはこちら

整体院の開業をサポート

整体師

最近はスポーツ整体院の開業が増えています。順調な運営をするには柔道整復師会に加入すると便利です。開業に必要なノウハウや宣伝の仕方、空き物件の探し方までサポートしてくれます。開業にあたって重要なことは事業計画書を作成することです。具体的な数値目標の設定が大事で、柔道整復師会によるサポートが受けられます。

詳しくはこちら

宿泊施設には必須

アメニティ

宿泊施設を経営するならばアメニティグッズは必須です。ターゲットにあわせておくものを変えるとよいでしょう。女性ならば美容グッズ、ファミリー向けならば子供向けのものがおすすめです。また、特に女性向けならば高品質なものをおくと顧客獲得につながります。

詳しくはこちら

大都市で新規事業を始める

お金

会社を作るチャンス

会社設立するために欠かせないのが元手となるお金です。会計用語では資本金と呼ばれます。以前は株式会社を設立する際には1000万円以上、有限会社を設立する際には300万円以上の資本金を用意しなければなりませんでした。しかし会社設立に関する法律の改正により、2003年から資本金の額に関する規定が特例的に引き下げられ、2006年以降は資本金の額に関する規定はなくなりました。現在では資本金が1円であっても書類上は株式会社を作ることができるようになっています。他にも中小企業向けの補助金事業や融資の促進など、新規の会社設立を増やして経済を活性化させる政策がとられています。少ない元手でも会社設立するチャンスにあるといえるのです。

人の集まる都市部が有利

東京には大企業の本社が集中しているだけでなく、中小企業やベンチャー企業も数多く存在しています。ビジネス都市としての東京のネームバリューは大きく、新規の会社設立が多いのが特徴です。東京にはビジネスマン、地元住民、観光客など大勢の人が集まっています。人が集まるということは多くの顧客が見込めるだけでなく、雇用の観点からも有利になります。求職者が多ければ、より自社に合った従業員を選ぶことができるからです。しかし注意しておかなければならない店もあります。東京の地価は高く、事業所を開設するにあたって発生する賃料は地方都市に比べて高額になります。また最低賃金が日本で一番高い地域であるため、人件費も高くなりがちなのです。